アジア・パシフィックISLAの受賞者を発表、日本人は4名が受賞((ISC)2) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

アジア・パシフィックISLAの受賞者を発表、日本人は4名が受賞((ISC)2)

(ISC)2は、第10回年間アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメントプログラムの受賞者を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
(ISC)2は7月12日、第10回年間アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(アジア・パシフィックISLA)プログラムの受賞者を発表した。(ISC)2では、7月26日にタイ・バンコク、セントラルワールドにあるセンタラグランドで開催される表彰式ディナーにおいて、35人の受賞者を表彰するとともに、4つの模範的な人材育成イニシアチブとコミュニティー・サービスのスターの特別表彰を発表する予定。

日本人の受賞者は、Information Security Practitioner部門で富士通株式会社のサイバーディフェンスセンター マネージャの佳山こうせつ氏、Senior Information Security Professional部門で学校法人KBC学園 国際電子ビジネス専門学校の副校長である淵上真一氏、NTTエレクトロニクス株式会社の参与であり、セキュリティ特別プロジェクト プロジェクトリーダである笠原久嗣氏、日本電気株式会社のナショナルセキュリティ・ソリューション事業部 エキスパート、マネージャである小林浩史氏などが名を連ねている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×