社内 CSIRT 構築時の現状評価、計画策定、専門業務を代行(CTC) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

社内 CSIRT 構築時の現状評価、計画策定、専門業務を代行(CTC)

CTCは、企業内CSIRTの立ち上げから運用まで総合的に支援する「CSIRT構築・運用支援サービス」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は7月6日、企業内CSIRTの立ち上げから運用まで総合的に支援する「CSIRT構築・運用支援サービス」を同日より提供開始したと発表した。同サービスは、同社がセキュリティサービス提供で培ったノウハウに基づき、CSIRTの構築・運用を支援するもの。「CSIRTアセスメントサービス」「CSIRTプランニングサービス」「CSIRT運用支援サービス」で構成される。

CSIRTアセスメントサービスは、システムや情報資産の確認やオンサイトでの調査によって、セキュリティリスクの洗い出しを行う。CSIRTプランニングサービスは、ユーザの要件に応じたCSIRTの計画策定を支援する。CSIRT運用支援サービスは、インシデントの予防と対応の両面を支援する。

これらのサービスによって、予防面では脆弱性調査や脅威情報の収集、サイバー攻撃への演習、セキュリティルールの見直しなどを通してセキュリティレベルの維持・向上に貢献する。対応面では、システムを24時間365日遠隔監視する「CTCセキュリティ・オペレーション・センター(CTC-SOC)」と連携したインシデントの高度な調査・分析や、復旧支援により早期解決につなげ、再発防止策の提供も行う。同社は3年間で20社への導入を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×