「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック) | ScanNetSecurity
2019.11.12(火)

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

ラックは、国内でも多くのWebサイトで採用されているWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性「S2-037」に関して、今後深刻なサイバー攻撃に悪用される可能性があるとして、対策を強く推奨する情報を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社ラックは6月20日、国内でも多くのWebサイトで採用されているWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性「S2-037」に関して、今後深刻なサイバー攻撃に悪用される可能性があるとして、対策を強く推奨する情報を公開した。「S2-037」は、Apache Struts 2のRESTプラグインが原因で、ネットワークを介してWebサーバ上で任意のOSコマンドが実行される深刻な脆弱性。

同社によると、この脆弱性は以前に公開された脆弱性「S2-033」との関係にあるという。「S2-033」の脆弱性は、「DMIの無効化」によって回避可能であるとされてきたが、その後の調査によって攻撃を防げないことが判明している。この脆弱性を悪用するサンプルコードが海外の掲示板に掲載されたことで、深刻度が高まったという。「S2-037」も「DMIの無効化」では回避策として機能しないため、同社ではバージョンアップを強く推奨するとともに、暫定回避策も公開している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×