「Adobe Flash Player」に関する定例外のセキュリティ情報(緊急)を公開(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.05.16(日)

「Adobe Flash Player」に関する定例外のセキュリティ情報(緊急)を公開(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、緊急のセキュリティ情報を定例外で公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は6月17日、緊急のセキュリティ情報を定例外で公開した。公開されたセキュリティ情報は「MS16-083:Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム(3167685)」で、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10が影響を受ける。

今回のセキュリティ情報により修正される脆弱性は「Adobe Flash Player」に存在するもの。Internet Explorer 10、Internet Explorer 11、Microsoft Edgeに含まれる、影響を受ける Adobe Flash ライブラリを更新することで、CVEベースで38件の脆弱性が解消される。この更新プログラムは、Windows Updateを介して入手できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×