RiskIQ製品の取扱開始、モバイルを含む資産管理や不正動作の検出を可能に(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

RiskIQ製品の取扱開始、モバイルを含む資産管理や不正動作の検出を可能に(ラック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ラックは6月9日、米RiskIQ社が提供する「ENTERPRISE DIGITAL FOOTPRINT」および「EXTERNAL THREAT MANAGEMENT」の取り扱いを開始し、同製品を活用したリスク分析を支援するサービスの提供も開始すると発表した。同製品は、組織の外部向けWeb環境やモバイル環境のリスクを可視化が可能なクラウドソリューション。Webインフラの特定、インデックス化を自動的に行え、最新の資産情報がひとつの情報画面にまとめて表示される。

これにより、企業および業界のITセキュリティ基準に従ったシャドーITの管理や、障害が発生した機器、不正な構成、DNSハイジャックの検出、侵害された機器のコンポーネントの影響を受ける資産の特定、新しい不審なサードパーティ リソースや企業の機器に対する不正な変更の特定、侵害されたサードパーティ リソースや機器のコンポーネントの影響を受ける資産の特定などが行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×