エンドポイント監視まで含めた統合SOCサービスを提供開始(GSX) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

エンドポイント監視まで含めた統合SOCサービスを提供開始(GSX)

GSXは、サイバーセキュリティサービスの新サービスラインナップとして、エンドポイント監視まで含めた統合SOCサービス「GSX-SOC」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は6月2日、サイバーセキュリティサービスの新サービスラインナップとして、エンドポイント監視まで含めた統合SOCサービス「GSX-Security Operation Center(GSX-SOC)」を発表した。同サービスは、顧客環境にあるサイバーセキュリティ対策向けセンサーの稼働監視やアラート監視を24時間/365日実施するもので、エンドポイントまでも含めた企業全体を監視することが特徴。

エンドポイントの状況も勘案した結果をフィードバックすることにより、エンドポイント隔離を実施し(マルウェア感染端末の遠隔操作)、感染拡大を防ぐことも可能になる。また既存の監視環境にGSXのセキュリティノウハウを付加することで、次世代のSOC機能やマネージドサービスを実現できるとしている。現時点ではFireEyeのみが対象となるが、2017年にはSIEMや他社製品にも対応する予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×