「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月25日、トレンドマイクロ株式会社が提供するセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは6.1。

「ウイルスバスター クラウド 8および10」には、アクセス制限不備(CVE-2016-1225)、任意のスクリプト実行(CVE-2016-1226)の脆弱性が存在する。また「ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0」にはディレクトリトラバーサル(CVE-2016-1223)、「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0」」および「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 5.x」にはディレクトリトラバーサル(CVE-2016-1223)、HTTPヘッダインジェクション(CVE-2016-1224)の脆弱性が存在する。

これらの脆弱性が悪用されると、リモートの第三者によって端末内のファイルにアクセスされる(CVE-2016-1225)、当該製品上で任意のスクリプトを実行される(CVE-2016-1226)、ユーザのLAN環境にアクセス可能な第三者によって、端末内のファイルを取得される(CVE-2016-1223)、ユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される(CVE-2016-1224)といった可能性がある。JVNでは、修正モジュールの適用を呼びかけている。なお、ビジネスセキュリティでは6月末に提供予定のService Pack 3で脆弱性の影響を受けなくなるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×