横浜にサイバーインテリジェンスセンター開設(デロイト トーマツ リスクサービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

横浜にサイバーインテリジェンスセンター開設(デロイト トーマツ リスクサービス)

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(DTRS)は5月24日、神奈川県横浜市にサイバー インテリジェンス センター(CIC:Cyber Intelligence Center)を開設し、横浜で開所式を行った。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(DTRS)は5月24日、神奈川県横浜市にサイバー インテリジェンス センター(CIC:Cyber Intelligence Center)を開設し、横浜で開所式を行った。

CIC とは顧客企業のネットワークやインフラ、それに係る知財等への攻撃への対処サービスを提供する施設。世界 20 カ国以上に存在する各国のデロイト CIC と密に連携したサービスを、日本語で一元的に提供するという。

提供されるのは、グローバル規模で最新のサイバーセキュリティ情報を収集分析する「予防」、新サービス「スレット セキュリティ モニタリング」を用いて高度な攻撃や内部不正をも検知する「発見」、国内では例が少ないリモートフォレンジックによる回復支援を行う「回復」の 3 カテゴリに加え、監査系ファームならではのリスク分析や規定づくり、研修等を行う「ガバナンス」など。

デロイトは、世界各国のファームがすべて別会社として登記されていながら、各種ルールや IT 基盤、人事制度などのインフラは世界共通という仕組みをとっており(同社はこれを「連邦制」と呼称)、地域文化や習慣への適応が上首尾になるメリットだけでなく、ヘッドクオーターの下にそれ以外の国や地域がぶら下がる縦割構造を持たないため、対価発生を伴うような、研究者やアナリストなどの国際間交流や、稼働融通がしやすい利点も持つ。

記者会見には、カナダとスペインの CIC から、日本 CIC 設立に重要な役割を果たした人物が来日・登壇し、日本 CIC 設立の意義について意見を述べたほか、衆議院議員 前内閣府大臣補佐官 福田 峰之 氏と、横浜市 最高情報統括責任者補佐監 福田 次郎 氏が来賓として出席し CIC 設立への期待を述べた。

日本 CIC 立ち上げで中心的な役割を果たしたDTRS パートナー 泊 輝幸 氏は挨拶のなかで「さまざまな議論があったがようやくこの日を迎えた。横浜を起点にサイバーセキュリティの試みをどんどん進めていきたい」と抱負を語った。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×