「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック)

ラックは、「Apache Struts 2」への攻撃増加、および攻撃による被害を「JSOC」において確認したとしてブログを公開し、注意を呼びかけている。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ラックは4月28日、「Apache Struts 2」への攻撃増加、および攻撃による被害を同社が運営するセキュリティ監視センター「JSOC」において確認したとしてブログを公開し、注意を呼びかけている。Apache Strutsは、Apacheソフトウェア財団のApache Strutsプロジェクトで開発とサポートがおこなわれているオープンソースのJava Webアプリケーションフレームワーク。今回、Apache Struts 2のDMI(Dynamic Method Invocation)機能に脆弱性が発見された。

同社ブログによると、JSOCでは4月26日午後から攻撃が始まったことを観測している。また、4月27日には攻撃が成功した事例を観測しており、現在も攻撃が継続しているため、注意が必要としている。推奨する対策方法として、組織の中にあるサーバにおけるApache Struts 2の利用状況を確認し、使用している場合はDMI機能が有効化されているかを確認する。DMI機能が有効化されている場合は停止を検討するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×