「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック)

ラックは、「Apache Struts 2」への攻撃増加、および攻撃による被害を「JSOC」において確認したとしてブログを公開し、注意を呼びかけている。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ラックは4月28日、「Apache Struts 2」への攻撃増加、および攻撃による被害を同社が運営するセキュリティ監視センター「JSOC」において確認したとしてブログを公開し、注意を呼びかけている。Apache Strutsは、Apacheソフトウェア財団のApache Strutsプロジェクトで開発とサポートがおこなわれているオープンソースのJava Webアプリケーションフレームワーク。今回、Apache Struts 2のDMI(Dynamic Method Invocation)機能に脆弱性が発見された。

同社ブログによると、JSOCでは4月26日午後から攻撃が始まったことを観測している。また、4月27日には攻撃が成功した事例を観測しており、現在も攻撃が継続しているため、注意が必要としている。推奨する対策方法として、組織の中にあるサーバにおけるApache Struts 2の利用状況を確認し、使用している場合はDMI機能が有効化されているかを確認する。DMI機能が有効化されている場合は停止を検討するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×