Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社J-WAVEは4月22日、同社のWebサーバーに対して不正アクセスがありリスナーの個人情報約64万件が流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは4月21日の0時から3時にかけて同社のWebサーバーに不正アクセスがあり、アクセスログ解析したところソフトウェアのセキュリティーホール(コマンドインジェクション脆弱性)を突いた不正アクセスであることが判明したというもの。

今回、漏えいの対象となったのは、2007年以降に同社ホームページのメッセージフォームを利用したリスナーの名前・住所・電話番号・メールアドレスなど。

なお同社では、既に原因となったソフトウェアの削除を実施済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×