Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE) | ScanNetSecurity
2020.02.27(木)

Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE)

株式会社J-WAVEは4月22日、同社のWebサーバーに対して不正アクセスがありリスナーの個人情報約64万件が流出した可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社J-WAVEは4月22日、同社のWebサーバーに対して不正アクセスがありリスナーの個人情報約64万件が流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは4月21日の0時から3時にかけて同社のWebサーバーに不正アクセスがあり、アクセスログ解析したところソフトウェアのセキュリティーホール(コマンドインジェクション脆弱性)を突いた不正アクセスであることが判明したというもの。

今回、漏えいの対象となったのは、2007年以降に同社ホームページのメッセージフォームを利用したリスナーの名前・住所・電話番号・メールアドレスなど。

なお同社では、既に原因となったソフトウェアの削除を実施済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×