ネットワーク対応の「FireEye NX」に機能を制限した中堅企業向けモデル(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

ネットワーク対応の「FireEye NX」に機能を制限した中堅企業向けモデル(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、「FireEye Network Security(NX)シリーズ」において、新たに中堅企業向けエディション「NX Essentials」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は4月5日、Webトラフィックを監視し、外部との不正な通信を検知する「FireEye Network Security(NX)シリーズ」において、新たに従業員数2,500名以下の中堅企業向けエディション「NX Essentials」の提供を開始したと発表した。同社独自の仮想実行環境である「FireEye MVX」を搭載することでエンタープライズクラスの検知・保護機能を活用しつつ、一部機能を絞ることで低価格化している。

同エディションは、「NX900」「NX1400」「NX2400」「NX 4400」「NX4420」のFireEye NXシリーズに適用可能。アプライアンスで検知した脅威情報をDTIクラウドへの共有を行う「2-way DTITM ライセンス」のみでの提供となり、希望小売価格は208万円から。なお、FireEyeの他製品(FireEye EX、FireEye FX、FireEye PX)との連携機能、およびコールバック通信の検知に一部制限が設けられる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×