Microsoft Windows の WebDAV においてメモリ検証不備により権限昇格または DoS 攻撃されてしまう脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

Microsoft Windows の WebDAV においてメモリ検証不備により権限昇格または DoS 攻撃されてしまう脆弱性

脆弱性と脅威 エクスプロイト

◆概要
Microsoft Windows の WebDAV (Web Distributed Authoring and Versioning)
に含まれる脆弱性により、権限昇格や DoS 攻撃が実行可能であることが報告
されています。セキュリティパッチが公開されているため、適用することによ
り対処可能です。
----------------------------------------------------------------------
◆分析者コメント
本記事の執筆時点 (2016 年 3 月 21 日) では 32 bit 版に対するエクスプロ
イトコードのみ公開されていますが、権限昇格のみではなく DoS 攻撃やシェ
ルコードの実行により端末のメモリ破壊にもつながり得る脆弱性です。セキュ
リティパッチの適用により対策することを推奨します。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×