Microsoft Windows の WebDAV においてメモリ検証不備により権限昇格または DoS 攻撃されてしまう脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

Microsoft Windows の WebDAV においてメモリ検証不備により権限昇格または DoS 攻撃されてしまう脆弱性

Microsoft Windows の WebDAV (Web Distributed Authoring and Versioning) に含まれる脆弱性により、権限昇格や DoS 攻撃が実行可能であることが報告 されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要
Microsoft Windows の WebDAV (Web Distributed Authoring and Versioning)
に含まれる脆弱性により、権限昇格や DoS 攻撃が実行可能であることが報告
されています。セキュリティパッチが公開されているため、適用することによ
り対処可能です。
----------------------------------------------------------------------
◆分析者コメント
本記事の執筆時点 (2016 年 3 月 21 日) では 32 bit 版に対するエクスプロ
イトコードのみ公開されていますが、権限昇格のみではなく DoS 攻撃やシェ
ルコードの実行により端末のメモリ破壊にもつながり得る脆弱性です。セキュ
リティパッチの適用により対策することを推奨します。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×