Androidのバージョン別シェアLollipopがKitkatを抜いて初めてシェア1位に、最新のMarshmallowは2%前後に留まる(Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

Androidのバージョン別シェアLollipopがKitkatを抜いて初めてシェア1位に、最新のMarshmallowは2%前後に留まる(Google)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 Googleは、Androidのバージョン別シェアで、Android 5.xのLollipopが4.4 Kitkatを抜いて初めてシェア1位になったことを明らかにした。6.0 Marshmallowは2%前後に留まっている。

 これは過去7日間にGoogle Playストアにアクセスした端末のOSを調査して公表するもの。最新の調査は3月7日時点のもので、これによれば5.0/5.1のLollipopが36.1%、4.4 Kitkatが34.3%と、同調査で初めてLollipopがKitkatを抜いてシェア1位に躍り出た。3位は4.1/4.2/4,3のJelly Beanで22.3%、6.0 Marshmallowは2.3%で、2.3.3-2.3.7のGingerbreadの2.6%よりも低く、4.0.3/4.0.4のIce Cream Sandwichと同じシェアだった。Lollipop端末が増えシェアを伸ばしてきたことと、6.0 Marshmallowの普及の遅さが目立つ結果となった。

 日本でもNTTドコモが「Xperia」にAndroid 6.0を配信開始したように、6.0 Marshmallow端末が増えていくと予想される。

Androidのバージョン別シェア、Lollipopが初めて首位に

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×