検知されないモバイルデバイスのセキュリティ侵害が企業への突破口に(モバイルアイアン・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.31(金)

検知されないモバイルデバイスのセキュリティ侵害が企業への突破口に(モバイルアイアン・ジャパン)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

モバイルアイアン・ジャパンは3月2日、「2015年第4四半期モバイルセキュリティ&リスク報告(Q4 2015 Mobile Security and Risk Review:Q4セキュリティ報告)」を発表した。これは、米MobileIron社の新しい研究部門であるモバイルアイアン・セキュリティ・ラボ(MobileIron Security Labs:MISL)によるもの。

モバイルデバイスは、ユーザが個人識別番号(PIN)防御を無効にしたり、デバイスを紛失したり、最新ポリシーが欠如するなど、さまざまな理由で適合していないことがあり、それがマルウェアやセキュリティ上の弱点を突く手段や、データ窃盗のための広範な攻撃対象領域を作り出す。ジェイルブレイクやルート化されたデバイスをセキュリティ侵害と見なして計算すると、第4四半期に1割の企業で1台のデバイスがセキュリティ侵害を受け、そうした企業の数は42%増加したという。

同社では、たった1台のモバイルデバイスがセキュリティ侵害を受け、それが検知されなければ、ひとつの突破口となるとし、それは極めて大きな問題であるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

    日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  2. 書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

    書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

  3. 企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA)

    企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA)

  4. 被害を受けた組織の約4割が改善策としてIT部門とセキュリティ部門分離を実施--シスコ年次レポート(シスコ)

  5. Active Directoryを狙う2つの攻撃手法と、ログを活用した検知と対策(JPCERT/CC)

  6. 「ファジング活用の手引き」資料を更新、「Taof」「Peach Fuzzer」など最新のツールを紹介(IPA)

  7. 書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前

  8. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

  9. 2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

  10. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×