クライアント運用管理ソフト新版、マイナンバーや標的型攻撃の対応を支援(Sky) | ScanNetSecurity
2022.10.02(日)

クライアント運用管理ソフト新版、マイナンバーや標的型攻撃の対応を支援(Sky)

Skyは、企業・団体向けのクライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.11」を開発、販売を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Sky株式会社は2月15日、企業・団体向けのクライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.11」を開発、同日より販売を開始したと発表した。同製品は「使いやすさ」をコンセプトに、ログ管理・セキュリティ管理・デバイス管理といった「情報漏洩対策」に必要な機能をオールインワンで提供するもので、オフィスのネットワークに接続されたIT機器の資産管理機能も持つ。

新バージョンでは、マイナンバーの安全運用を支援する機能として、重要データの取り扱いを視覚的に把握できる画面操作録画機能を強化したほか、マイナンバーを取り扱うPCに対する各種操作を制限する機能も搭載した。また、標的型攻撃への対策として、アラートの色分け表示など攻撃の痕跡をいち早くログで把握するとともに、更新プログラムの適用などを速やかに行うための支援機能なども用意した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×