セキュアブラウザサービスがWindows OSにも対応、活用の幅を拡大(KCCS) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

セキュアブラウザサービスがWindows OSにも対応、活用の幅を拡大(KCCS)

KCCSは、セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」をバージョンアップした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月4日、セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」をバージョンアップしたと発表した。同日より提供を開始している。同サービスは、社内システムやクラウドサービスなどの業務システムの利用を、デバイスにデータを残さない専用ブラウザ「セキュアブラウザ」のみに限定するクラウドサービス。端末の紛失や盗難による情報漏えいのリスクを軽減するとともに、テレワークやBYODなどへの対応を支援する。

新バージョンでは、対応OSを従来のスマートデバイスに加え、新たにWindows OSにも対応した。また、セキュリティ管理機能を強化し、スクリーンショット、コピー&ペースト、ファイルアップロードの可否がユーザ単位で制御できるようになった。これにより、自宅のPCからの社内システム利用や、ユーザの利用実態に合わせたセキュリティ設定が可能になり、外出時のスキマ時間の活用だけでなく在宅勤務や緊急時・災害時のBCP対策にも活用できるようになった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×