セキュアブラウザサービスがWindows OSにも対応、活用の幅を拡大(KCCS) | ScanNetSecurity
2022.09.28(水)

セキュアブラウザサービスがWindows OSにも対応、活用の幅を拡大(KCCS)

KCCSは、セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」をバージョンアップした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月4日、セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」をバージョンアップしたと発表した。同日より提供を開始している。同サービスは、社内システムやクラウドサービスなどの業務システムの利用を、デバイスにデータを残さない専用ブラウザ「セキュアブラウザ」のみに限定するクラウドサービス。端末の紛失や盗難による情報漏えいのリスクを軽減するとともに、テレワークやBYODなどへの対応を支援する。

新バージョンでは、対応OSを従来のスマートデバイスに加え、新たにWindows OSにも対応した。また、セキュリティ管理機能を強化し、スクリーンショット、コピー&ペースト、ファイルアップロードの可否がユーザ単位で制御できるようになった。これにより、自宅のPCからの社内システム利用や、ユーザの利用実態に合わせたセキュリティ設定が可能になり、外出時のスキマ時間の活用だけでなく在宅勤務や緊急時・災害時のBCP対策にも活用できるようになった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×