4月1日付でKCCSのセキュリティ事業をMOTEXに統合、代表取締役はKCCS社長の黒瀬善仁氏 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

4月1日付でKCCSのセキュリティ事業をMOTEXに統合、代表取締役はKCCS社長の黒瀬善仁氏

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)と100%子会社のエムオーテックス株式会社(MOTEX)は2月22日、KCCSのセキュリティ事業を2022年4月1日付けでMOTEXに統合すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)と100%子会社のエムオーテックス株式会社(MOTEX)は2月22日、KCCSのセキュリティ事業を2022年4月1日付けでMOTEXに統合すると発表した。

 1990年に創業したMOTEXは、統合エンドポイント管理の自社プロダクト「LANSCOPE」を中心に、国内で20,000社以上が導入するIT資産管理・エンドポイントセキュリティ分野の製品開発、販売を行っている。

 KCCSは1999年から、中堅から大手企業のセキュリティ対策を支援し、脆弱性診断サービスは10,000システム以上の診断実績がある。KCCSでは、これらの経験をコンサルティングや運用監視サービスに活用し、セキュリティソリューション「SecureOWL」を展開している。

 KCCSのセキュリティ事業をMOTEXに統合することで、両社の中核サービスと企業のサイバーセキュリティ対策に必要な製品・サービスを組み合わせ、総合的かつ網羅的なセキュリティサービスの提供が可能となる。

 MOTEXへの統合は2022年4月1日付けで、代表取締役会長はKCCS代表取締役社長の黒瀬善仁氏が務める。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×