クラウド利用を把握し情報漏えいを防止する、米NetskopeのCASB製品を発売(KCCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

クラウド利用を把握し情報漏えいを防止する、米NetskopeのCASB製品を発売(KCCS)

KCCSは、米Netskope社と契約し、クラウドセキュリティサービス「Netskope」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月14日、米Netskope社と契約し、クラウドセキュリティサービス「Netskope」の提供を開始すると発表した。Netskopeは、企業のクラウドサービス利用におけるセキュリティとITガバナンスの課題を解決するCASB(Cloud Access Security Broker)製品を活用した、クラウド利用時のセキュリティレベル向上を支援するサービス。

同サービスでは、約20,000種類のクラウドサービスを判別し、リスク評価を可能にする「利用状況の把握」、ファイル操作やメール操作など、クラウドサービス利用の操作証跡を取得し一元管理できる「追跡」、あらかじめ作成したポリシーに従い、ファイル操作などの通信内容を監視し、警告やブロックにより情報漏えいを防止する「制御」の3つの機能を提供する。KCCSでは、Netskopeの導入から運用支援までの包括的なサービスを提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×