「WideAngle」のSIEMを機能強化、脅威レベルの自動判定を可能に(NTT.Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

「WideAngle」のSIEMを機能強化、脅威レベルの自動判定を可能に(NTT.Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は1月28日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービス運用基盤(SIEM)において、企業ICT環境へのサイバー攻撃に対する人工知能(機械学習)の検知・分析力を大幅に強化すると発表した。同社は2015年10月より、リスクアナリストの分析業務を支援する人工知能による分析機能を独自開発し、マネージドセキュリティサービスのSIEMへの実装を進めてきた。

同社は「WideAngle」の人工知能基盤へ2つの機能を2月10日より実装し、高度なサイバー攻撃の検知率をさらに高める。これにより、攻撃を受けた場合の報告内容の高度化や対応の迅速化を実現し、情報漏えいリスクを大幅に低減する。具体的には、顧客企業のIT機器で取得したエンドポイント情報から、セキュリティ脅威レベルを自動判定する。また、情報漏えいの重篤度に対して最適な対処法をリスクアナリストが迅速に判断し、最適なセキュリティ対策を即時に通知する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×