「残高照会ダイヤル」に不正アクセス、振込依頼人の電話番号1万4千件が漏えい(三菱東京UFJ銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

「残高照会ダイヤル」に不正アクセス、振込依頼人の電話番号1万4千件が漏えい(三菱東京UFJ銀行)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

三菱東京UFJ銀行は11月30日、会員制サイトのサービス運営者の預金口座入出金明細が漏えいし、記載されていた顧客の電話番号が架空請求詐欺に利用されていたことが判明したと発表した。

これは、第三者が同行の「残高照会ダイヤル」に不正アクセスし振込明細を聴取して振込依頼人の電話番号を入手し、それを架空請求詐欺に利用したというもので、警察からの問い合わせより判明したという。

同行の今年4月28日から10月28日までのアクセス記録を調査した結果、47口座約1万4千件の電話番号数が漏えいした可能性があるという。なお不正アクセスがあったのはいわゆる出会い系サイト等運営者の口座のみとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×