工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第18回「クラウド捜査協力」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第18回「クラウド捜査協力」

工藤は私の正体を知らないはずだ。だったら、このまま逃げてしまえばいい。みっともないが、それしかない。だが、膝に力が入らない。脚が小刻みに震えているのがわかる。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

七月十日 夕方 犯人

工藤は私の正体を知らないはずだ。だったら、このまま逃げてしまえばいい。みっともないが、それしかない。だが、膝に力が入らない。脚が小刻みに震えているのがわかる。これじゃ走れない。動け。動いてくれ。私は祈るような気持ちで、自分の脚を見つめた。

「逃げない方がいいよ。素直に謝って依願退職した方が利口だよ。逃げて警察に通報されたら、逮捕されて前科者だもん」

私は観念した。工藤の言うとおりだ。前科よりは依願退職の方がはるかにいい。そもそも警察の介入がないという前提があったから、この計画を立てたんだ。依願退職するだけの話だ。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×