工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第18回「クラウド捜査協力」 | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第18回「クラウド捜査協力」

工藤は私の正体を知らないはずだ。だったら、このまま逃げてしまえばいい。みっともないが、それしかない。だが、膝に力が入らない。脚が小刻みに震えているのがわかる。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

七月十日 夕方 犯人

工藤は私の正体を知らないはずだ。だったら、このまま逃げてしまえばいい。みっともないが、それしかない。だが、膝に力が入らない。脚が小刻みに震えているのがわかる。これじゃ走れない。動け。動いてくれ。私は祈るような気持ちで、自分の脚を見つめた。

「逃げない方がいいよ。素直に謝って依願退職した方が利口だよ。逃げて警察に通報されたら、逮捕されて前科者だもん」

私は観念した。工藤の言うとおりだ。前科よりは依願退職の方がはるかにいい。そもそも警察の介入がないという前提があったから、この計画を立てたんだ。依願退職するだけの話だ。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×