TalkTalk、セキュリティ侵害の犠牲となった顧客の数は 157,000 人と主張~お手頃価格の通信企業が攻撃を下方修正、株価は 4%上昇(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

TalkTalk、セキュリティ侵害の犠牲となった顧客の数は 157,000 人と主張~お手頃価格の通信企業が攻撃を下方修正、株価は 4%上昇(The Register)

国際 TheRegister

またしても TalkTalk は、システムが受けた攻撃の深刻さを控えめに表現しようと試みた。同社は金曜(編集部註:2015年11月6日)の朝、そのセキュリティ侵害の影響を受けた顧客の数が、たった 4%──ほぼ 157,000 人──だったと主張した。

この攻撃では 15,656 人の加入者の銀行口座番号とソートコードが奪われたと、そのお値打ちの ISP 企業(TalkTalk)は語っている。

さらに同社は、28,000 件の「不明瞭なクレジットカード、デビットカード番号」が盗まれたと付け加えたが、それらの番号は「金融取引には使用することができず、また『孤立したもの(orphaned)』で、つまり盗難されたデータから顧客は特定できない」と主張した。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×