発売前の「七つの大罪」の誌面を公開していた中国人男性2名を逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity
2019.10.21(月)

発売前の「七つの大罪」の誌面を公開していた中国人男性2名を逮捕(ACCS)

ACCSによると、京都府警サイバー犯罪対策課と東山署は、インターネットのWebサイトに発売前の漫画雑誌掲載の作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態などにしていた中国人男性2名を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月18日、京都府警サイバー犯罪対策課と東山署が11月18日、インターネットのWebサイトに発売前の漫画雑誌掲載の作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態などにしていた埼玉県朝霞市の中国人男性2名を、著作権法違反(複製権、公衆送信権、出版権侵害)の疑いで逮捕したことを著作権侵害事件の第二報として発表した。これはACCSが11月13日に発表した「電子出版権侵害」での逮捕(第一報)と合わせ、進展を報告するとしている。

男性らは2015年10月5日、株式会社講談社が出版する「週刊少年マガジン」に連載中の「七つの大罪」の誌面をインターネットWebサイト「RED HAWK」に掲載することを企て、雑誌の発売前にデジタル化し、画像ファイルを権利者に無断でサーバコンピュータにアップロードし、不特定多数のインターネットユーザに対して送信できる状態などにし、著作権および出版権を侵害した疑いが持たれている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×