工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第15回「仮説の棄却」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第15回「仮説の棄却」

オレは、あっさりと昨日までの仮説を捨てた。自慢じゃないが、オレは細かいことにはこだわらない。プライドよりも効果的、効率的な方を選ぶ。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

七月九日 夕方 工藤伸治

「私は事態が悪化していると判断しています」

「そんなことないさ。予想してたじゃん。予想通りに事態が進んでるのはいいことだ。それともなにかひどいことでも書いてあるのか? 十億円払えとか書いてあるのか?」

「要求金額は五十万円です。Bitcoinの口座に振り込むように指示しています。振り込まないと盗んだデータをP2Pネットに放流すると言うことです。データが添付されていました。不正にダウンロードされたものと同一です。つまり弊社の顧客データです」

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×