「LINE」アプリの脆弱性公募、新たに14件を認定(LINE) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

「LINE」アプリの脆弱性公募、新たに14件を認定(LINE)

 LINEは2日、脆弱性の報告に対して報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」の結果について発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 LINEは2日、脆弱性の報告に対して報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」の結果について発表した。

 「LINE Bug Bounty Program」は、8月24日~9月23日の期間に実施されたもので、「LINE」アプリの脆弱性の発見を公募し、報奨金を支払うというものだ。「細工された任意のメッセージをLINEへ送信し、受信端末で任意コードを実行させることが可能」(2万ドル)、「SQLインジェクションにより、個人情報閲覧が可能」(3000ドル)、「認証をバイパスし、成りすましが可能」(5000ドル)など、複数の脆弱性が想定されており、賞金額面は500ドル~2万ドルとなっている。

 今回の実施では、国内外より総計約200件の応募報告があったとのこと。その結果、7名14件の報告が、新たに発見された脆弱性として認定された。これらの詳細は特設ページ「Hall of fame」として公表されている。

 なお、本プログラムにおいて、認定された脆弱性については、すべて修正対応を完了しているとのこと。

LINE、14件の新たな脆弱性を認定……報奨金制度で発見

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×