「LINE」アプリの脆弱性公募、新たに14件を認定(LINE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

「LINE」アプリの脆弱性公募、新たに14件を認定(LINE)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 LINEは2日、脆弱性の報告に対して報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」の結果について発表した。

 「LINE Bug Bounty Program」は、8月24日~9月23日の期間に実施されたもので、「LINE」アプリの脆弱性の発見を公募し、報奨金を支払うというものだ。「細工された任意のメッセージをLINEへ送信し、受信端末で任意コードを実行させることが可能」(2万ドル)、「SQLインジェクションにより、個人情報閲覧が可能」(3000ドル)、「認証をバイパスし、成りすましが可能」(5000ドル)など、複数の脆弱性が想定されており、賞金額面は500ドル~2万ドルとなっている。

 今回の実施では、国内外より総計約200件の応募報告があったとのこと。その結果、7名14件の報告が、新たに発見された脆弱性として認定された。これらの詳細は特設ページ「Hall of fame」として公表されている。

 なお、本プログラムにおいて、認定された脆弱性については、すべて修正対応を完了しているとのこと。

LINE、14件の新たな脆弱性を認定……報奨金制度で発見

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×