世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

フォーティネットジャパン株式会社は11月2日、クライムウェア「CRYPTOWALL」を詳細分析したホワイトペーパー「Lucrative Ransomware Attacks: Analysis of the CryptoWall Version 3 Threat(高額の身代金を要求するランサムウェア攻撃:CryptoWall 3.0の脅威分析)」について発表した。このホワイトペーパーは、フォーティネット、インテル セキュリティ、パロアルトネットワークス、シマンテックにより共同創設された「Cyber Threat Alliance(CTA:サイバー脅威アライアンス)による初のホワイトペーパーとなる。

ホワイトペーパーでは、ランサムウェア「CryptoWall 3.0」の攻撃ライフサイクルについての洞察を提供するとともに、攻撃の防止とミティゲーション(減災)に役立つアドバイスを掲載している。このランサムウェアの被害総額は全世界で3.25億ドル以上といわれており、CTAの分析によると感染の試みは406,887件に上り、検出されたマルウェアサンプルは4,046件に上った。C&CサーバからのURLは839件検出されている。

被害者は全世界で数十万人に及び、攻撃キャンペーンの大半は北米に集中していた。またアドバイスとして、OSやアプリケーション、ファームウェア、Webブラウザを最新の状態に保つほか、WebブラウザのJava、Flash、Silverlightなどのプラグインを無効にすること、フィッシングの手口と対処法を把握することなどを挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×