Mac OS X の XNU カーネルにおけるデータ処理の不備により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Mac OS X の XNU カーネルにおけるデータ処理の不備により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.概要
Apple 社の OS X Yosemite の XNU カーネルには、ポインタを正しくチェックしないため、権限昇格されてしまう脆弱性が存在することが報告されています。
本脆弱性を利用することによってシステム内に侵入した攻撃者により、システムの全権を掌握されてしまう可能性があります。

2.深刻度(CVSS)

3.影響を受けるソフトウェア
Mac OS X 10.10.5 以下で影響を受けるとされています。


4.解説
Apple 社 OS X Yosemite の XNU カーネルには、ポインタを正しくチェックしないため、権限昇格されてしまう脆弱性が存在します。

OS X の XNU カーネルの IOServiceOpen 関数内で呼び出される is_io_service_open_extended 関数では、ポインタを正しくチェックせず処理を行うため、カーネルメモリ内で再利用されたユーザモード内のメモリを参照させることが可能となります。また、IOAudioEngineUserClient クラスに存在するconnection ID の実装により、ASLR を回避しメモリ内のアドレスマップ情報が判明します。

結果として、再利用されたメモリを参照を通じて、攻撃者に権限を昇格されてしまう可能性があります。


5.対策
現在、公開されている有効な対策法は確認されていません。


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー・グリッド研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×