ネットの違法情報、「規制薬物の広告」が前年同期比7倍以上に増加(警察庁) | ScanNetSecurity
2019.12.16(月)

ネットの違法情報、「規制薬物の広告」が前年同期比7倍以上に増加(警察庁)

警察庁は、2015年上半期の「インターネット・ホットラインセンター」の運用状況などについて発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
警察庁は10月20日、2015年上半期の「インターネット・ホットラインセンター」の運用状況などについて発表した。これによると、2015年上半期に同センター(IHC)が受理した通報件数は75,794件(前年同期比897件減)、違法情報は16,337件(同1,655件減)、有害情報は3,048件(同868件増)であった、警察への通報件数は6,551件(同1,403件減)となっている。

IHCからサイト管理者等に対して削除を依頼した違法情報2,371件(前年比1,477件減、38.4%減)のうち2,318件(同1,308件減、36.1%減)が削除、有害情報983件(同703件増、251.1%増)のうち793件(同625件増、372.0%増)が削除した。類型別では「わいせつ物公然陳列」が10,990件でもっとも多く、「規制薬物の広告」(2,721)件、「児童ポルノ公然陳列」(951件)、「預金通帳の譲渡等」(587件)、「出会い系サイト規制法」(483件)と続いた。特に「規制薬物の広告」が前年同期から7倍以上の2,346件と大幅に増加している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×