工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第12回「窓外風景」 | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第12回「窓外風景」

これじゃオレが岸田をいじめているみたいじゃないか。困ったもんだ。オレは頭をかきながら、周囲を見回した。冷たい視線がオレと岸田に向けられていた。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

七月九日 夕方 工藤伸治

岸田を会議室から出し、そのまま一緒にオフィスに入った。柳沢の野郎が、心配そうな表情でこちらを見ていた。だが、かまうもんか、大事な捜査なんだ。

すでに日が暮れかけていた。窓の外の景色にオフィスの風景が重なって映る。オレは窓に映った自分の顔をながめた。ナルシストってわけじゃないが、たまには自分の顔を見ないとどんな顔だったか忘れちまう。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×