7月の不正アクセスを受け一時中止していた公式サイトを再開(阪神高速サービス、スルーウェイカード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

7月の不正アクセスを受け一時中止していた公式サイトを再開(阪神高速サービス、スルーウェイカード)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

10月14日、阪神高速サービスの公式ホームページとスルーウェイカード公
式サイトが公開を再開した。

阪神高速道路の公式ホームページで今年7月3日に不正アクセスが確認さ
れたことを受け、阪神高速サービスのホームページとスルーウェイカー
ド公式サイトでも公開を一時中止していた。また、携帯電話向け交通情報サービ
ス「阪神高速はしれGo!」も公開を一時中止していたが、個人情報の入力が必要
なコンテンツ以外を除き、10月13日に再開している。

現時点では完全に再開したわけではなく、一部利用できないコンテンツや他のグ
ループ会社のホームページも存在する。阪神高速道路株式会社によると、セキュ
リティ強化を行い、安全性が確認できたものから順次再開する。

阪神高速サービスの公式ホームページが再開…7月に不正アクセス

《編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

    12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  2. 「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

    「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

  3. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

    脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  4. 「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

  5. スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

  6. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  7. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  8. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  9. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  10. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×