工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第11回「岸田」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第11回「岸田」

そうか、作れるのか、じゃあお前が犯人だ。そんなソフトを作れるヤツはオレの知る限りどこにもいない。もしもお前が作れるならお前が犯人だ。なんてことにはならない。こいつは単に知らないのだ。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

七月九日 午後 工藤伸治

岸田も柳沢に似たタイプだった。左右に微妙に揺れながら、どことなく笑っているような顔だ。汚れた銀縁の眼鏡のつるを神経質に何度も指で触る。いやなクセだ。

「ええとー、どうもです。へへへ」

会議室に入ってきた岸田は、とても社会人とは思えないような挨拶をした。それからオレの顔をうかがうような目で見た。

「岸田さんだね。初めまして。オレは工藤伸治っていうもんだ。まあ、座ってよ」

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×