工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第10回「PCの持ち主」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第10回「PCの持ち主」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

七月九日 午後 工藤伸治

「おそらく拡散しないでしょうね。データを持ち出してから数日経っています。愉快犯なら、とっくにデータをばらまいていると思います。なにかをねらっていると思います。おそらくデータを業者に売るか、この会社を脅迫することを考えているのでしょう」

「業者への転売を防ぐ方法はありますか?」

「アンダーグラウンドの連中は、このデータは買わない。理由は簡単です。ここにはクリティカルな情報が含まれていないからです」

「なるほど」

「犯人が業者に当たっていたとすると、数日間動きがなかった理由もわかります。いくつかの業者にコンタクトして返事を待っていたのでしょう。そろそろ業者には売れないことがわかる頃です。脅迫状が来ると思います」

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×