工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第9回「取締役川野」 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第9回「取締役川野」

拡散には、いくつかの段階がある。例えば、二〇一〇年十一月に漏洩した警視庁外事三課の機密ファイルは、次のような三段階を経て拡散したと言われている。

特集
バカ! お前じゃダメだ。部長でも社長でも連れて来い。外部流出したって言え。誰だかわからないが、オレを呼んだヤツなら状況がわかるはずだ
>>第 1 回から読む

七月九日 午後 工藤伸治

早期対応は基本中の基本だ。いったんデータが外に出てしまったら、あっという間に拡散する。拡散には、いくつかの段階がある。例えば、二〇一〇年十一月に漏洩した警視庁外事三課の機密ファイルは、次のような三段階を経て拡散したと言われている。

・警視庁の外に持ち出される

・持ち出した犯人が、ウイルスによる拡散を装ってP2PネットワークWinnyで拡散

・Wikileaksをはじめとする海外のサイトに拡散

警視庁がメンツにこだわって外部流出を認めるのが遅れたせいで世界中にデータが広まることになった。第二段階で動いていれば、国外に広まるのは防げた可能性が高い。また国内についても、ある程度は拡散を抑えられただろう。

《一田 和樹》

特集

特集 アクセスランキング

  1. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

  2. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  3. Non State Actor 図鑑(6)ニセ情報拡散に貢献「ファクトチェック機関」

    Non State Actor 図鑑(6)ニセ情報拡散に貢献「ファクトチェック機関」

  4. 今日もどこかで情報漏えい 第24回「2024年4月の情報漏えい」虎屋? ヨックモック? 千疋屋? ~「手土産」は個人情報

  5. 今日もどこかで情報漏えい 第3回「クレジットカード情報漏えい顛末記」

  6. 今日もどこかで情報漏えい 第23回「2024年3月の情報漏えい」なめるなという決意 ここまでやるという矜恃

  7. [インタビュー] セキュリティ診断会社の「脆弱性を見つける以外のシゴト」(NTTデータ先端技術)

  8. 今日もどこかで情報漏えい 第6回「2022年11月の情報漏えい」

  9. 今日もどこかで情報漏えい 第1回「セキュリティインシデントは株価を下げるのか」

  10. 今日もどこかで情報漏えい 第5回「2022年10月の情報漏えい」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×