「.zip」「.review」が要注意サイトにつながる割合は100%(ブルーコート) | ScanNetSecurity
2019.10.23(水)

「.zip」「.review」が要注意サイトにつながる割合は100%(ブルーコート)

ブルーコートは、消費者および企業向けに、危険性の高いWebサイトで悪用されているトップレベルドメイン(TLD)に関する調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ブルーコートシステムズ合同会社(ブルーコート)は9月16日、消費者および企業向けに、危険性の高いWebサイトで悪用されているトップレベルドメイン(TLD)に関する調査結果「The Web's Shadiest Neighborhoods(最も怪しいトップレベルドメイン)」を発表した。同調査は、15,000社以上の企業および7,500万人以上のユーザからの数億件に上るWebリクエストを分析したもの。

同社では、スパム、詐欺、疑わしい、望ましくないソフトウェア、マルウェア、ボットネット、フィッシングに分類されたドメインを「要注意」としてカウントしている。調査では、これらのサイトと結びついている割合を算出している。調査結果では、「.zip」「.review」が100.00%と最も高く、「.country」(99.97%)、「.kim」(99.74%)、「.cricket」(99.57%)と続いた。同社では、TLDの数が急増したことで、攻撃者の攻撃機会も増えているとして注意を促している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×