「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演を追加採択(CODE BLUE事務局) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演を追加採択(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE実行委員会は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEに関する第二次中間報告を発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
CODE BLUE実行委員会は9月3日、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUE(10月28日・29日、東京・新宿・ベルサール新宿グランドにて開催)に関する第二次中間報告を発表した。基調講演者として、数多くの政府および技術系国際会議で講演経験のあるRichard Thieme氏を招へいするとともに、公募した発表内容の中から7つの講演を追加で採択したという。

追加採択した講演は下記の通り。

・iOSマルウェアの動向と専用ガジェットによるマルウェア検知
 西尾素己氏

・日本の組織をターゲットにした攻撃キャンペーンの詳細
 朝長秀誠氏&中村祐氏

・Adobe ReaderのJavaScript APIの悪用
 アブドゥルアジズ・ハリリ氏&ブライアン・ゴーレンク氏

・APTで使用されたバイナリの相関解析忍術
 ブヘブナ・ソマ氏

・サイボウズバグバウンティに参加してみた
 千田雅明氏

・スマートグリッドのサイバーセキュリティ
 アレクサンダー・ティモリン氏&セルゲイ・ゴディチック氏

・あなたのAppleにもEFIモンスターはいませんか?
 ペドロ・ベラサ氏
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×