「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演が決定、引き続き受付中(CODE BLUE事務局) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演が決定、引き続き受付中(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE実行委員会は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEの基調講演者のひとりに神戸大学名誉教授・中之島科学研究所の松田卓也氏を決定するとともに、7つの講演を決定したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
CODE BLUE実行委員会は8月20日、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUE(10月28日・29日、東京・新宿・ベルサール新宿グランドにて開催)の基調講演者のひとりに、人工知能の行く末を紹介する神戸大学名誉教授・中之島科学研究所の松田卓也氏を決定するとともに、公募の中から中国ハッカーシーンを含む7つの講演を決定したと発表した。

松田氏は、「シンギュラリティがやってくる」というタイトルで基調講演を行う。また、決定した7つの講演は以下の通り。

MS Officeファイル暗号化のマスター鍵を利用したバックドアとその対策
光成 滋生氏・竹迫 良範氏

ワイヤレス技術のセキュリティをアタックで検証
堀合 啓一氏

AngularJSとの危険な関係「スーパーヒーロー」フレームワークによるセキュリティをめぐる冒険
An Abusive Relationship with AngularJS - About the Security Adventures with the "Super-Hero" Framework
マリオ・ハイデリッヒ(Mario Heiderich)氏

Firefoxの倒し方
西村 宗晃氏

中国における情報セキュリティの新たな免疫システム
New immune system of information security from CHINA
シャオドゥン・ファン(Xiaodun Fang)氏

マハラジャの最後通告、「バザール」と未来への影:ゼロデイマーケットにおける強要と協力
The Bazaar, the Maharaja’s Ultimatum, and the Shadow of the Future: Extortion and Cooperation in the Zero-day Market
アルフォンソ・デ・グレゴリオ(Alfonso De Gregorio)氏

現実世界での機械学習によるアノマリ検知システムの構築と回避
Making & Breaking Machine Learning Anomaly Detectors in Real Life
クレランス・チオ(Clarence Chio)氏

決定した各講演の詳細は、公式サイトにて随時発表される。なお、現在までの応募は引き続き審査を続け、同時に新たな応募も日本語・英語にて受け付ける。また今回より、講演者の年齢を24歳以下に限定した講演枠と、技術に縛られない一般課題の講演枠を新設している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×