所定の手続きを踏まずに個人情報が入ったUSBメモリを学外へ持ち出し紛失(横浜国立大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

所定の手続きを踏まずに個人情報が入ったUSBメモリを学外へ持ち出し紛失(横浜国立大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 横浜国立大学は8月4日、同大学職員が大学規則に定める所定の手続きを踏まずにデータをコピーしたUSBメモリを学外へ持ち出し、8月2日までに紛失していたことを発表した。現時点での紛失による被害は出ていないとしている。

 同大学によると、同大学職員は7月31日に自宅での資料作成のためデータをコピーしたUSBメモリを持ち帰り、8月2日までに紛失したという。USBメモリには「平成27年度教員免許状更新講習受付担当者一覧」のデータが含まれており、派遣職員14名と同大学職員2名、学生6名の氏名のほか、Webサイトで公開している情報以外の「開始時間、同大学職員数、派遣人数、受付時間、派遣者従事時間」の情報が記載されていたという。

 同大学では、個人情報の学外持ち出しを原則禁止としており、やむを得ず持ち出す場合は事前届け出による管理徹底を行っていた。個人情報以外の情報についても、外部記憶メディアにて持ち出す際は暗号化処置などを規則にて定めていたが、今回は個人情報を学外へ持ち出す際の届け出およびUSBメモリの暗号化は実施されていなかったという。

 同大学では、2015年4月の入学式の際に新入生の個人情報を紛失しており、個人情報の取扱いの再点検や情報セキュリティーセミナーを実施するなど管理徹底に努めていた。現時点で、紛失による被害は確認されていないが、4月の一件も含めこのような結果となったことを厳粛に受け止め、さらなる情報管理の徹底と教職員の再教育に全力を尽くすとして、謝罪を発表している。

横浜国大、個人情報が入ったUSBメモリを紛失

《畑山望@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

    「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  2. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

    「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  3. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

    小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  4. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  5. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

  6. 「東商マート」サイトに不正アクセス、約5万件の顧客情報が漏えい(ジャパン・フード&リカー・アライアンス)

  7. 建造物侵入・現金窃盗事件で逮捕された元行員が顧客情報を持ち出し(佐賀銀行)

  8. 「自炊代行業」の男性を逮捕、書籍の転売やデータの使い回しなども判明(ACCS)

  9. インテリアショップサイトに不正アクセス、カード情報含む個人情報が漏えい(ミサワ)

  10. Apache Struts2 の脆弱性を利用した不正アクセスでアンケート情報流出の可能性(国土交通省)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×