工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第3回「スカイプ」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第3回「スカイプ」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

七月十日 夕方 犯人

スカイプというのは、世界的に普及している通信ソフトの一種だ。電話のような音声会話や文字での会話(テキストチャット)を楽しむことができる。相手は、私と直接話をしたがっている。どうしたものか…躊躇したが、相手の手の内も知りたかったので、ネットからスカイプをダウンロードし、新しいIDを登録してから起動した。

── 工藤さんがコンタクトを希望しています

スカイプにメッセージが表示された。こちらがスカイプのIDを取ったとたんに接触してきた。やはり通信を監視しているのだ。緊張で指先がかすかに震えた。

私がコンタクトを了承すると、テキストチャットが始まった。

── いやお見事、お手上げだよ。ご存じの通り、この会社は信用を大事にする。セキュリティ認証を取り消されるわけにもいかない。あんたがだまっていてくれると約束してくれるなら、残りの三十万円もすぐに払う。

── そんな約束してもなんの保証にもならないぞ。

── ああそう。まあ、そうだよな。約束してほしいってのは、あんたにスカイプしてもらう口実さ。あんたに自分の状況をちゃんと認識してもらおうと思ってさ。あんた、もうおしまいだよ。

── なにを言ってるんだかわからない。

── あんた思ったより間抜けだな。こんなに簡単に罠に引っかかるとはね。

── やっぱりスパイウエアを仕掛けてあったんだな

── まあね。

── このPCは、さっき買ったばかりだ。私を特定する情報はない。

── たまにいるんだよね。そういう粋がった野郎がさ。『攻殻機動隊』好きだろ。それとも『王様たちのヴァイキング』か?

── とっとと電子マネーのコードを送れ。さもないとデータを放流するぞ。

画面に相手が返事を入力中であることを示す「…」が表示されていた。ひどくいらつく。こちらの方が圧倒的に有利な状況だとわかっているが、工藤の言葉がいちいちカンに触るのだ。

私の脳裏に工藤の顔が浮かんできた。五十万円ぽっちの脅迫。表沙汰にするつもりがないなら、社内で処理すればいいのに。

>>つづき
《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×