誤送信の経験は従業員の64.6%、企業の約6割が誤送信対策ソフトを導入せず(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

誤送信の経験は従業員の64.6%、企業の約6割が誤送信対策ソフトを導入せず(デジタルアーツ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

デジタルアーツ株式会社は7月28日、「勤務先におけるメール誤送信における実態調査」の結果を発表した。同調査は3月27日から29日、全国の20歳以上の就業者(男女)を対象に、インターネット調査により実施したもの。調査結果によると、従業員の64.6%がメールの誤送信を経験している一方で、企業側の約6割が誤送信対策ソフトを導入していないことが明らかになった。

誤送信の内容は、「添付ファイルを忘れる(55.2%)」「宛先を間違える(53.5%)」「メール本文の誤字脱字(30.1%)」が多かった。また、社外とのメールの送受信に関して、勤務先でのルールは「特にない」が最も多く61.3%、以下「添付ファイルにパスワードを設定する(11.4%)」「メール送信時にCCに上長を指定する(8.1%)」が続いた。誤送信に最初に気がついたのは、「送った本人(70.7%)」「上司(25.8%)」「間違って送った社外の担当者(23.7%)」「同じ部署の同僚(23.2%)」「元々メール送信対象になっていた取引先担当者(20.7%)」などとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×