誤送信の経験は従業員の64.6%、企業の約6割が誤送信対策ソフトを導入せず(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

誤送信の経験は従業員の64.6%、企業の約6割が誤送信対策ソフトを導入せず(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「勤務先におけるメール誤送信における実態調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
デジタルアーツ株式会社は7月28日、「勤務先におけるメール誤送信における実態調査」の結果を発表した。同調査は3月27日から29日、全国の20歳以上の就業者(男女)を対象に、インターネット調査により実施したもの。調査結果によると、従業員の64.6%がメールの誤送信を経験している一方で、企業側の約6割が誤送信対策ソフトを導入していないことが明らかになった。

誤送信の内容は、「添付ファイルを忘れる(55.2%)」「宛先を間違える(53.5%)」「メール本文の誤字脱字(30.1%)」が多かった。また、社外とのメールの送受信に関して、勤務先でのルールは「特にない」が最も多く61.3%、以下「添付ファイルにパスワードを設定する(11.4%)」「メール送信時にCCに上長を指定する(8.1%)」が続いた。誤送信に最初に気がついたのは、「送った本人(70.7%)」「上司(25.8%)」「間違って送った社外の担当者(23.7%)」「同じ部署の同僚(23.2%)」「元々メール送信対象になっていた取引先担当者(20.7%)」などとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×