【RSA Conference 2015 APJ】アジアを対象とした最新APT攻撃事例、日本への攻撃も(FireEye) | ScanNetSecurity
2020.06.06(土)

【RSA Conference 2015 APJ】アジアを対象とした最新APT攻撃事例、日本への攻撃も(FireEye)

FireEyeのシニアVP Grady Summers氏は7月23日、RSA Conference APJ 2015にて講演を行い、同社が観測、調査、分析を行った日本を含むアジア地域のAPT攻撃について発表した。

特集 特集
FireEyeのシニアVP Grady Summers氏は7月23日、RSA Conference APJ 2015にて講演を行い、同社が観測、調査、分析を行った日本を含むアジア地域のAPT攻撃について発表した。

Summers氏は講演の中で、APT30、APT10などといった日本を含めたアジア地域をターゲットとする攻撃について詳細を公開。特にFireEyeが検知したAPT30攻撃のうち96%が東南アジアをターゲットとしており、日本やシンガポールなどもターゲットとなる可能性が高いと話す。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×