ネットワークセキュリティ可視化ツールを機能拡張(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

ネットワークセキュリティ可視化ツールを機能拡張(ウォッチガード)

ウォッチガードは、ネットワークセキュリティ可視化ツールの新バージョン「WatchGuard Dimension 2.0」をリリースした

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は7月23日、ネットワークセキュリティ可視化ツールの新バージョン「WatchGuard Dimension 2.0」をリリースしたと発表した。Dimensionは、ユーザのネットワークに導入されている同社のすべてのアプライアンスからデータを収集し、多彩な可視化画面により、脅威の抑止に役立つインテリジェンスへと変換するもの。

新バージョンでは、可視化能力とパフォーマンス性能を向上、詳細なシステムヘルスレポートに加え、優れた監視機能を備えたサイバーローフィング(ネットの私的利用)ダッシュボードが新たに追加された。また、ワンクリック構成変更、以前の構成に戻す「jump back」、Web UIやVPN管理ツールから各アプライアンスへのダイレクトアクセス機能などを含む、新たな制御機能のプレビュー機能を提供するなど、ネットワーク制御とセキュリティ構成が簡単に実行できるようになった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×