アウトバウンドの通信に特化したオランダの次世代標的型攻撃対策製品(ネットワールド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

アウトバウンドの通信に特化したオランダの次世代標的型攻撃対策製品(ネットワールド)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットワールドは7月16日、オランダのRedSocks社と日本で初めてディストリビューター契約を締結、次世代標的型攻撃対策製品「RedSocks Malware Threat Defender(RedSocks MTD)」の販売を同日より開始した。駐日オランダ王国特命全権大使であるラーディンク・ファン・フォレンホーヴェン氏は、「オランダは標的型攻撃・マルウェア対策研究の先進国」であるとし、その理由にアムステルダムに世界最大のインターネット・エクスチェンジがあること、サイバーセキュリティや暗号学、コンピュータサイエンスなどの研究、教育が進んでいること、クリエイティブに富んだ国であることの3点を挙げた。

RedSocks社のCEOであるピム・コーネリッセン氏は、同社は2012年12月に設立されたが、その当時から「ネットワークはすでに感染しているもの」という精神を持ち続けている。製品の特徴として、アウトバウンドのトラフィックで感染をリアルタイムに検出できること、Netflow/IPFIXでのモニタリングのためプライバシーデータを見ないで済むこと、拡張性、データの保持、プラグアンドプレイにより10分で使用できる実装の容易さ、NSAによるバックドアがないことを挙げた。

「RedSocks MTD」は、ファイアウォールやルータなどのミラーポートに接続し、Netflow/IPFIXによってすべてのアウトバウンドパケットの中から必要なフロー情報(送信先のIPアドレスやURL、デバイスの送信元IPアドレス、MACアドレス、ポート番号、プロトコル)を抽出して保有、RedSocks社のエキスパートチーム「The Malware Intelligent Team(MIT)」から送られてくるC&Cサーバの情報と照合し、マルウェアの通信を検出する。このためサンドボックス製品よりも検出力が高いという。MITからの情報は現在30分に1回であるが、年内に20分に1回になる予定だ。

「RedSocks MTD」はアウトバウンドでの検出に特化した製品であるため、ネットワールドではFireEyeやパロアルトなどのインバウンド対策製品との組み合わせも考えているという。また、検出後の対応はCSIRTやSOCで行うことになるが、ファイアウォールやIPSなどとの連携も進めていくとしている。さらに、ルータなどがNetflow/IPFIXに対応していない場合のためのプローブも用意している。なお、日本において複数の企業などがPOC(概念実証)を進めているという。参考価格は、150Mbpsまでの場合(帯域により価格が異なる)でアプライアンスと初年度サブスクリプションで4,230,000円、次年度サブスクリプションは1,395,000円(ともに税別)としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×