CrowdStrikeとネットワールドがディストリビューター契約 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

CrowdStrikeとネットワールドがディストリビューター契約

 クラウドストライク株式会社は8月4日、株式会社ネットワールドとディストリビューター契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 クラウドストライク株式会社は8月4日、株式会社ネットワールドとディストリビューター契約を締結したと発表した。

 ネットワールドは本ディストリビュータ契約により、サイバーセキュリティの統合プラットフォーム「Falcon Platform」を、8月4日から全国の販売パートナーを通じて提供する。

 CrowdStrike Falcon プラットフォームは、クラウド型のAIとセキュリティ・テレメトリを搭載したモジュール式で拡張可能なアーキテクチャで、顧客はインフラを再設計することなく、実世界の課題解決に使用できる。

 ネットワールドは、CrowdStrikeソリューションにおける技術支援や日本語サポートを提供し、業種や規模問わず、幅広く顧客への導入や展開を促進し、IDaaSやSASE、SSE等を提供するエコパートナーとの連携ソリューションで顧客のゼロトラストやDevSecOpsの実現を支援する。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×