「Adobe Flash Player」の脆弱性で事前通知、実環境で悪用報告も(アドビ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「Adobe Flash Player」の脆弱性で事前通知、実環境で悪用報告も(アドビ)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

米Adobe Systems(アドビ)は7月7日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティ情報(APSA15-03)を公開した。これによると、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Flash Player 18.0.0.194およびそれ以前」「13.0.0.296およびそれ以前の13.x」、Linux版の「Adobe Flash Player 11.2.202.468およびそれ以前の11.x」に「Critical」な脆弱性が存在する。

この脆弱性(CVE-2015-5119)は、悪用に成功するとシステムをクラッシュされたりシステムを乗っ取られる可能性がある。またアドビでは、本脆弱性を悪用した標的型攻撃の報告を受けているという。同社では、本脆弱性を解消するパッチを7月8日に公開するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×