WAFの導入から運用までをワンパッケージで提供するサービスを開始(ラック) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

WAFの導入から運用までをワンパッケージで提供するサービスを開始(ラック)

ラックは、WAFを活用した「JSOC WAF運用管理サービス」の提供を7月1日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは6月30日、WAFを活用した「JSOC WAF運用管理サービス」の提供を7月1日より開始すると発表した。同サービスは、企業や団体組織のホームページ(Web)を狙ったサイバー攻撃による被害が増加している現状を踏まえたもので、ネットショッピングなどのWebブラウザ上で動作するアプリケーション・プログラムを保護する、導入から運用までをワンパッケージとしたサービス。

WAFの性能を発揮するには、導入時に防御のためのポリシー設計を行うこと、そして導入後の適切な運用を行わなければならず、経験に裏打ちされたノウハウが必要なことや、運用負担が大きいことが導入障壁となっている。同サービスでは、同社の「JSOC」が導入前のセキュリティ診断から導入時のポリシー設計を行うほか、運用においても同社が開発したカスタムシグネチャ「JSIG」を適用することで、ゼロデイ脆弱性にもきめ細かに対応する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×