「秘文」シリーズを一新、2つの新製品を追加(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

「秘文」シリーズを一新、2つの新製品を追加(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、情報漏えい防止ソリューション「秘文」を一新し、「秘文 Device Control」と「秘文 Data Encryption」の2つの新製品と、機能強化した「秘文 Data Protection」を8月31日から提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは6月24日、情報漏えい防止ソリューション「秘文」を一新し、「秘文 Device Control」と「秘文 Data Encryption」の2つの新製品と、機能強化した「秘文 Data Protection」を8月31日から提供開始すると発表した。高度化・複雑化する機密情報・個人情報漏えい対策を3つの「秘文」で実現するという。「秘文 Device Control」は、PCに接続するデバイスの利用を制限することで、データの不正コピーを防止する。また、Wi-Fiアクセスポイントの制限も可能。さらに、マルウェア対策製品と連携することで、マルウェア感染したPCのネットワーク通信を自動遮断する出口対策にも対応する。

「秘文 Data Encryption」は、HDDやUSBメモリ、CD/DVDなど、PCの利用に関連したメディアの暗号化に加え、ファイルサーバ上のデータの暗号化もオールインワンで提供する。データの強制暗号化により、ユーザのミスなどによる暗号化漏れも防止する。「秘文 Data Protection」では、流出の予兆を事前に検知できるよう、情報がアクセスされた場所を可視化する機能を追加した。価格は3製品とも共通で、ライセンス購入型では1クライアントあたり10,000円、サブスクリプション型では年額5,000円(ともに税別)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×