IP電話交換機が乗っ取り被害にあう可能性の有無を検査できる無償ツールを公開(ネットエージェント) | ScanNetSecurity
2024.07.26(金)

IP電話交換機が乗っ取り被害にあう可能性の有無を検査できる無償ツールを公開(ネットエージェント)

 ネットエージェントは24日、「IP電話乗っ取り可能性検査サービス」の無償提供を開始した。今年春より多発している「IP電話乗っ取り」で用いられている犯罪手法について、自動的に検査できるという。

製品・サービス・業界動向
「IP電話乗っ取り可能性検査」ページ
  • 「IP電話乗っ取り可能性検査」ページ
  • 検査結果の例
 ネットエージェントは24日、「IP電話乗っ取り可能性検査サービス」の無償提供を開始した。今年春より多発している「IP電話乗っ取り」で用いられている犯罪手法について、自動的に検査できるという。

 「IP電話」は、インターネット回線を利用し、音声通話などを行う仕組みだ。IP電話交換機(IP電話サーバ)を介すことで安価な通話・定額通話などが可能なため、企業・個人で幅広く利用されている。一方で、IP電話が乗っ取られ、数百万に達する料金請求が複数の企業に行われる被害がここ最近発生している。一部の海外の電話会社などでは、高額な通話を行ったユーザーにはキャッシュバックを行うサービスがあり、これを悪用し、不正にキャッシュバックを受けるのが狙いとみられている。

 ネットエージェントは被害企業からの調査要請を受け、調査を実施。原因がIP電話交換機にあることを確認した。この結果を踏まえ、IP電話交換機が、乗っ取り被害にあう可能性の有無を検査できる無償ツールを公開した。

 調査ツールはPCからアクセスして利用可能で、アクセスしているPCと同じネットワークにあるIP電話を検査する。調査することで、攻撃と同じように外部からスキャニングを行うことで、検査を行える。ただし、公開サーバ等他サーバの検査では、正しい結果が得られない。またIP電話とインターネットの接続を分けている場合は、IP電話にパソコンなどを接続して検査する必要がある。

ネットエージェント、IP電話乗っ取りに対する検査ツールを無償提供

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  3. なりすましメール対策に有効 ~ BIMIでロゴ表示するまでのプロセスを実例から学ぶ

    なりすましメール対策に有効 ~ BIMIでロゴ表示するまでのプロセスを実例から学ぶ

  4. 千葉県警察でサイバー犯罪捜査官を募集、申込受付 8月23日まで

  5. デジタル庁「デジタル社会の実現に向けた重点計画」発表、気になるセキュリティの位置づけ

  6. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  7. 映画製作委員会への出資で得る権利をセキュリティ・トークン化して小口販売

  8. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  9. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

  10. NTTデータ先端技術のSOCが忘れられた理由

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×