「国際的なサイバー戦争は勃発寸前だ」暗号の重鎮が語る~Schneier「Sony のハッキングは『高スキルで、標的を絞り込んだ攻撃』だった」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

「国際的なサイバー戦争は勃発寸前だ」暗号の重鎮が語る~Schneier「Sony のハッキングは『高スキルで、標的を絞り込んだ攻撃』だった」(The Register)

「スキル、資金、そして動機を充分に持った攻撃者であれば、決して侵入に失敗することはない。基本的に、我々のうちの誰一人として、このタイプの攻撃に耐えることはできないだろう」

国際 TheRegister
「我々はサイバー戦争の軍拡競争の初期にいる」と、セキュリティの第一人者 Bruce Schneier が水曜(編集部註:2015 年 6 月 3 日)、Infosecurity Europe エキシビションの参加者たちに警告した。

Resilient Systems の CTO を務める Schneier は、高く注目された「米国とイスラエルがイランに対して行った 2010 年の Stuxnet 攻撃」、「サウジアラムコに対してイランが行った攻撃」、「中国による仕業だと考えられている GitHub のハッキング」、そして「昨年、Sony Pictures を襲った北朝鮮の攻撃」の全てが、その現象の実例であると述べた。

「これらの国々は、サイバー戦争に向けて増強を行っている最中である。そして現在の我々は全員、その影響の到達距離(blast radius、爆発半径)内にいる」と、彼はロンドンでのスピーチで警告した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×