HP:北朝鮮のサイバースパイ活動は実際のところ、確かなサイバー脅威だ~「洗練された」スパイと自家製の技術、そして「荒らし屋部隊」(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

HP:北朝鮮のサイバースパイ活動は実際のところ、確かなサイバー脅威だ~「洗練された」スパイと自家製の技術、そして「荒らし屋部隊」(The Register)

北朝鮮のハッカーは米国の防衛ネットワークへの侵入を成功裏に果たしている。資源の老朽化や不足は、サイバー戦争を行う上での技術的な能力を損ねるものではない。とりわけ、その政府が他国の機関と資源を利用できる場合は。

国際 TheRegister
北朝鮮のサイバースパイ活動が、「西洋の企業や政府に対する確かな脅威」となるポイントまで強化されつつある、と HP のセキュリティ研究者たちが警告している。

北朝鮮が持つ「サイバー戦争の能力」は、特に国家セキュリティの分析者たちや、政策の立案者たちにとって重要な問題だが、IT に関わる幅広い業界も、その活動から目を離さないほうが賢明だ。その脅威は現在のところ、主に韓国のあらゆる種類の企業、および米国の政府と軍のシステムへ向けられているが、それは時間とともに幅を広げるかもしれない。

北朝鮮のサイバーインフラは、裕福な国のそれに敵うものではないかもしれない。しかし HP のセキュリティ研究者たちの詳細な分析によると、同国政府は、その能力の開発で目覚ましく進歩しており、また、その部隊は技術的に鍛えられているという。

「国連や多くの西洋の政府は、北朝鮮が諸外国へ向ける敵意、同国の核兵器開発の続行、そして同国の自国民に対する人権侵害を考慮して、北朝鮮への制裁や通商停止を実施してきた。しかし同国は、老朽化するインフラに対処しながら、このインターネットの時代にも非対称戦の伝統を継承し、サイバー戦争の能力の開発に著しく傾倒してきた」

「北朝鮮のサイバー戦争のプログラムに対する米国の見解は、『現体制による現代の非対称戦的な活動』である。その一方で(北朝鮮の)隣国である韓国は、そのサイバー能力を『テロリスト的な脅威』――近いうちにも起こりそうな、多面的な攻撃のために準備されているもの――だと見なしている。北朝鮮は、『サイバー攻撃の遂行の任務に就き、そのための訓練を受けた隊員の数』を、過去わずか 2 年間で 2 倍にした、と韓国は推算している」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×